スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ


ge81d1535a37da2714ef97fca9291a368.jpg


義兄が逝きました。

お医者様の余命宣告のなんと正確なことでしょう。ほんの少しプラスされたとはいえ、あっという間のことでした。

夜遅く、心臓に負荷がかかって静かに眠るように、と聞きました。



実家の始末に出ていたので、早朝高速を飛ばして夫の実家へ。
彼は病院の始末に出ていて、チューブを抜かれて静かな顔をしている義兄と対面。


老親たちは気落ちしつつも、あとの始末に動いていました。
義母がちょっと心配です。


家族でそっとお見送りすることにしました。


やれることはやった気持ちと、早すぎるという気持ちとで、夫はちょっと茫然としていましたが
老親たちを支えなければと気が張っている様子。
さきほど自宅に戻り、われわれもひといき。


できることをできることだけ。
ずっと、わたしのそばにあることばです。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

お心遣いありがとうございます。

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。