酉年を迎える準備



P10407961.jpg

ひとめぼれして、お迎えしました。目は点なのに目つきの悪いシスターズ。ふふ。




大きな変化のあった一年が終わっていきます。

酉年が、どんな一年になるのか。義兄のことがあるので、厳しい一年になるだろうことは想像にたやすいですが、それでも。
それでも、なにかをもたらして、次がやってくる。


そう、思います。


なにかが終わって、なにかが始まる。その営みはずっと続く。
その続いていくことの中に、わたしも、いる。そんなふうに思っています。


良いお年をお迎えください。

コメント

No title

いおさん、あけましておめでとうございます。
時々のぞかせて頂いていました。

「なにかが終わって、なにかが始まる。その営みはずっと続く。
その続いていくことの中に、わたしも、いる。そんなふうに思っています。」

この言葉、今日読ませていただいて、とても深く心に響きました。新年に出会えて良かったです。

私は今50代終わりの年齢です。ここまで生きて、やっと
気づいたこと、遅すぎて取り返しの付かないこと、いっぱい、いっぱいみっともないこと、悪いことをしてきました。でも、それが私の人生なんだと思えるようにもなりました。そして、絶対と言うものは無く、すべて変わって行くものだという事も感じています。

流れる川のようですね。

ご家族のことなど、いろいろあって、疲れてしまうことがあるでしょうけど、ご自分のペースで時々でもこのブログを綴られてくださることを願っています。

りこさん

りこさん、あけましておめでとうございます。
気にかけてくださってありがとうございます。

ほぼ同世代ですね。
わたしも同じです。人を傷つけて、悲しませたり泣かせたりもしたし
それと同じだけ自分も傷ついたり泣いたりもしてきました。
そういうことが受け入れられる、それも自分なのだと開き直れる、そんな年齢になったのかもしれません。


淀んでしまうよりは流れていた方が性にあってるのかもしれません。


ほんと、次から次へと、いろいろ起こります。
でも、きっとそれは次のなにかにつながる。そうこころから思うのです。


また、いらしてください。たまにおしゃべりをいたしましょう。
お相手いただけたら幸いです。

すてきな一年を、過ごせますよう。



非公開コメント