スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処分

義兄の入院・闘病にともなって明らかになった義母の認知症は
要介護認定を受けたので、週に一度看護士さんが訪問してくれて
会話をしたり血圧測ったり、血糖値をみたり、してくれているそうです。


で、いっしょに暮らす90歳を超えている義父の様子はみてくれない(笑)
血圧測るくらいどうってことないだろうに、様子を聞くコトすらないそうで、、、徹底してますね、行政。

義父は妻を支えなければという使命感が元気の元になっているようで、
うまくできているものです。





さて、引越し騒動もようやく終わりが見えてきました。
ものが納まり、生活が始まりつつあります。

そうは言っても、足元も悪い老人が二人、新しい場所で生活を始めるのです。
想像以上に負荷がかかっています。
普通、この年齢の引っ越しは、だれかとの同居とか、施設への入居です。
ここからまた二人だけでの生活が始まるなんて、ありえないくらいの大変さでした。
弟一家が住むマンションではあるので、今までよりはいいのだろうと思うしかありません。


娘ですから処分するのは簡単です。
だけど、手をつけてはいけない、彼らのプライドを守ることも同時に必要で、
そのさじ加減がほんとうに、難しくて、ヘロヘロです。
失敗もしているかもしれない。人生の終わりに、あまり嫌な思いはさせたくはなかったけれど
仕方ないという面も多々ありました。

わたし一人でどうこうできるものではなく、
家族はもちろん、あちこちにひずみをもたらしながら、なんとかかんとか、、、です。

ひとさまに迷惑をかけながら、思いのあるものを処分して、、残された時間を生きる。
一方で生きていたかったはずの義兄の社会的背景はどんどん処分されていきます。

義兄に先立たれた義父が「長く生き過ぎた」とポツリとこぼしていたのが忘れられません。



スポンサーサイト

「家族」のさかいめ

1491096066058.jpg


母の、あるいは祖母の、使っていた鼈甲のもの。
ワシントン条約で売買が禁止されているのだそうで、買い取りはしてもらえず。
それなりのお店に持ち込めば使ってもらえるのかもしれませんが、てづるもなく。

鼈甲なのだから細工のほどこしようはあるはずなのに、貴重なものだからこその売買禁止だろうに
その他の方法論が紹介されていないのは、どうも納得いかないわけです。
鼈甲店に相談してみるかなぁ。



この間、ふたつの「家族」の問題に直面して、あっちこっちに顔出したり
自分のできることを見極めて動いたり、
そういう時間が続いているわけですが、、、



義兄の病気について、わたしは口を出せなかったし、出すつもりもありませんでした。
ただ、思ったことは家人には伝えていました。
実家の両親の引っ越しについて、決めたのは弟と両親で、わたしは聞かれもしませんでした。
でも、実際の引っ越しに関する作業に、彼らはちからを貸してくれるわけじゃありません。
お嫁ちゃんにしてみれば、舅姑の生活にくさびを打ち込むような作業ができるわけもありませんし
弟は働き盛り過ぎて時間がとれない。
両親があれこれ言えるのも、彼らにあれこれ言えるのも、わたしだけ。
なので、うちの子たちを動員することはあっても、すぐそばに住む姪っ子たちに、わたしが何かを頼むこともありません。


「家族」にはいろいろな境目があるもんだなぁと、しんそこ、思っているところです・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。